メディア情報

  1. むち打ち症

次のようなことでお悩みでしたら是非お問い合わせください

  • むち打ち症と言われたが症状が改善しない
  • 事故後の痛みを早く改善したい
  • レントゲンで異常なしと言われたが痛い
  • 事故後、首が痛い
  • 後からあちこち痛みが出てきた

むち打ち症と言っても様々な症状があることをご存知でしょうか。

むち打ち症の名前の由来は、事故や強い衝撃を受けた際、
『首が鞭のようにしなる事』に首を痛めて受傷することに由来しています。

首が鞭のようにしなった際に体の中で起こったさまざまなことが痛みの原因となりますがその原因のほとんどが、捻挫と歪みによるものです。

事故後なるべく早く、捻挫が起きている部位と体の歪みを細かく検査し、施術を施すことにより痛みを早期に解決する事が可能です。

1 頚部捻挫によるむち打ち症

強い衝撃を受け、首が鞭のようにしなってしまった際、首の筋肉や関節が急激に捻れてしまうため、筋肉や靭帯が組織が損傷してしまい痛みが出てくるタイプのむち打ちです。
特徴としては何もしていなくてもズキズキ痛みが出たり、首に熱い感じや暖かい感じがしたり、首の後ろを触るとズキッと痛みが出たりします。
急性期(初期)の段階は組織の修復を促進させ、痛みを取り除く最新の電気治療器を使い治癒を促進させます。
捻挫と同時に起こった歪みも早期に改善する事により痛みを緩和し損傷した組織の早期改善を実現させます。

2 身体全身の歪みによるむち打ち症

事故により強い衝撃を受けてしまい歪んでしまった身体全体に症状が出てきます。
捻じれた方向に体が歪みそのまま筋肉と関節が徐々に固まっていきます。
徐々に固まることにより時間が経過してから様々な場所に痛みが出てきます。
骨盤が歪んでしまった事で首に痛みが出ることも良くあります。

えがおの整骨院では首の痛みであろうと全身しっかり検査をし本当の原因を見つけ出し根本から痛みを解決していきます。
レントゲンで異常なしと言われてもほとんどの方に体の歪みが起こっています。
症状としては体のだるさや、腰痛、肩こり、頭痛、手足のしびれなどがあげられます。

3 神経根型むち打ち症

事故の衝撃で椎間板が正常な位置から逸脱したり、体の歪みにより脊髄神経が引っ張られて神経のある部分に血行障害が起こる事により、力が入らなくなったり、神経痛やしびれが起こります。これらも体の歪みを根本から解決する事により症状を早期に解決する事が可能です。

4 脊髄損傷型むち打ち症

背骨の中を通っている脊髄が損傷する事によって起こるむち打ち症です。
中枢神経の損傷である為、神経痛やしびれや、痛み、感覚が鈍くなったりしますが最悪の場合、下半身マヒ、歩行困難などの状態になる可能性もあります。脊髄液が漏れてしまい長期にわたり痛みが出続ける事もあります。

5 バレ・リュー症候群

事故による衝撃等で歪みなどが起こり、頚部の周辺に存在する神経(後頚部交感神経系)に影響し、神経が興奮し、頭痛やめまい、目の疲れ、倦怠感、動悸などの症状が出たりする症状です。病院では自律神経失調症などと診断され精神安定剤を処方されることもあります。

交通事故専門サイト

http://egao-muchiuchi.com

施術例

高山広和さん(仮名) 28歳 男性の例

事故後3ヶ月間、電気と牽引治療をうけるも首の痛みが取れず来院。

診断結果

・頚椎右側屈(首が右に曲がっています)
・頚椎前方(首が前に出ています)
・胸椎後方(猫背になっています)
・右骨盤前上方、左骨盤後下方
・右股関節外旋(外に開いている)
・左股関節内旋(内側に入っている)
・頚椎5番〜7番 関節部に炎症あり
・胸椎1番〜4番 関節部に炎症あり

分析結果

初診時、事故から3ヶ月経過しており、首に強い痛みあり。
検査の結果、上記の歪みが確認でき、全身の歪みが影響して首が歪み、痛みの原因になっていることが判明。
細かく検査していくと、首の1番と7番が大きく左に歪み、5番6番は前に歪んでいた。
骨盤にも大きな歪みがあり、右足が2,5cm短くなっていた。

体験談

事故にあってから首と腰に痛みやだるさを感じて3ヶ月ほど整形外科に通っていました。
電気牽引などをしていたのですがなかなか痛みがとれずにいました。
ある日首に激痛が走り友人の紹介でえがおの整骨院に来てみました。
写真を撮って痛みの原因を教えてくれて少し安心しました。
首の痛みは2週間位するとかなり改善して楽になり、姿勢が良くなったとまわりに言われるようになりました。
今はだるさも全くなく、体が本当に楽です。本当にありがとうございました。

施術内容

姿勢検査

姿勢を分析して痛みの主な原因である歪みを検査していきます。
正しい姿勢は前から見て左右が対象、横から見て耳と肩(肩峰)股関節、外くるぶしが一直線の姿勢です。
この状態から逸脱することにより、関節や筋肉に負担がかかり、痛みの原因となります。

頸部可動検査、整形外科テスト ジャクソンスパーリング

頸部が損傷すると可動域が減少します。しっかり最終可動域まで動かすことにより患者様の首の状態を明確にしていきます。
同時に関節一つ一つに圧をかけて痛みの有無を調べ靭帯などが損傷していないか検査していきます。
ジャクソンスパークリング等の整形外科テストを行い、神経の圧迫や痺れの有無を調べます。

上肢可動テスト

両腕を上げてもらったり後ろに動かしたりして肩関節やまわりの筋肉にの損傷が無いか検査します。
損傷している場合痛みを伴います。

脊椎検査

背骨の歪み、痛みを関節一つ一つを押して検査することにより明確にしていきます。
歪んでいたり損傷している部位はご本人が痛みを感じていなくてもこの検査で圧をかけると痛みを伴います。
痛みの真の原因がどこにあるのか、明確にすることが可能です。

整形外科、整骨院等に通いたいが、待ち時間が多くて通院が困難・・・。
当院では診療の予約が可能であるため、お待たせすることなく診療を受けることができます。

施術を受けたいが仕事などでどうしても受付時間に間に合わない、夜遅い時間に施術をうけたい、そんなご要望を多々受け、21:00まで受付させて頂いております。
ご予約お待ちしております。


アクセス情報

所在地

〒422-8007 静岡市駿河区新川2丁目10-35 新川ビル1F

アクセス

バス静岡駅前3番乗り場 中原池ヶ谷線 新川バス停下車 (所要時間8分)

駐車場

マックスバリューさんと共同の駐車場をご利用ください

休診日

日曜・祝日・木曜午後