メディア情報

ホーム > Blog記事一覧 > 2012 3月の記事一覧

ツボのお話 part1

2012.03.30

皆様こんにちは。

スタッフの藤田です。

 

今回は簡単なツボのお話をしたいと思います。

 

皆様、ツボって何だかご存知でしょうか?

人間の体には360以上ものツボがあります。これは正規のツボの数です。

実はその他にも、ある症状に特別効くツボ等もあり、その数を合わせると500~1000近くあると言われています。

現在はインターネットの普及により、その存在や効果等が解り易く記載されています。

 

ツボは簡単にいえば、体表に現れた体の変化です。

普段は何ともない(痛くない)場所も、何かの原因で体の不調があると、その不調が体表面に反応点として現れます。

反応点(ツボ)に刺激を加えると、不調の場所に作用して体に変化をもたらしてくれます。

 

ここであえて 「体に変化をもたらす」 と表記したのは、反応点に刺激を加えれば何でも良くなるかといえばNOだからです。

異常に痛みのある場所をグリグリ押して、余計に痛みが出たり、体調が悪くなったりした経験はありませんか?

ツボは奥が深いんですよねぇ・・・我々、プロでも解らない事や不思議なことがいっぱいあるんです。

 

日々、患者さまとお話しながら施術をさせて頂いていると、たまに「そこっ!!メチャメチャ痛い!!」と怒られることがあります。

色々探りながら反応点を押すのですが、メチャメチャ痛いところを押すと、本来の痛みが消える事があるんです。

 

さらには、痛みで全然動かせず、関節の可動域が制限されていたものも、反応点を押しながら動かすと「あら、不思議・・」

痛みがなくなりスムーズに動いてしまう事もあるんです。

 

人間の体はまだまだ西洋医学では解明出来ないものも多く存在します。

東洋医学でいう「気血津液」もそのひとつでしょう。

「気血の流れ」を東洋医学では大切にしています。

でも、目に見えないんですよねぇ・・・

私自身、西洋医学を先に学んだ人間ですので初めはどうーも胡散臭くて仕方ありませんでした。

目に見えないから何とでも言えるしな~・・・。

数値化できないものはな~・・・

再現性がなくてはな~・・・

えぇ~・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

でもね、現場(臨床)では使っちゃうんです(笑)

だって効くんですよっ!!患者さまが良くなれば何でもいいじゃないかっ!! 

 

・ ・ ・ ・スミマセン・・・かなり脱線してました。

 

え~っと、ツボのお話でしたね・・

ツボは正式に言うと 「経穴(ケイケツ)」といいます。

よく患者さまにはお伝えするのですが・・・

ツボとは一つの「駅」なんです。人の体にいくつもの駅があり、実はその「駅」と「駅」を結ぶ線路もあります。

その路線を 「経絡」 と呼んでいます。(ツボは経絡の上にある為、 「経穴」 と呼ばれているんですね!!)

 

私たちが普段乗っている電車を考えて下さい。

駅に人が集中したり、満員電車だったり、何らかの原因で電車が途中でストップしたりすると、どうなりますか!?

ダイヤは乱れ、駅に人は溢れ、益々混雑し始め、怒り出す人がいたり、所構わず電話する人がいたり、タクシーやバスに流れたり・・・

色々問題が起きますね?

 

人間の体も同様に、沢山の駅(ツボ)があり路線があります。

体に不調が起きると、路線(経絡)が壊れたり、駅(ツボ)に人が集中したりします。

これが 「気血の流れ」だとすると・・・

その人で溢れたところが反応点として体表面に現れます。(逆に全く人がいないところも反応点として現れる事もある。)

そうなんですねぇ。「気血の流れ」が悪くなっているところ、滞っているところがツボなんです。

 

ツボ刺激が何故効くか!?勘の良い人ならもうお解かりかもしれませんが、

「気血の流れが」悪くなったところに刺激を与え、流れを良くするから!!

 要は刺激を加えることにより、電車内や駅の混雑を解消してくれるわけです。

 

駅にも常時混雑している所もあれば、いつも空いている駅もあると思います。

ツボも同様に気血が滞り易い場所があります。

代表的なツボさえ覚えてしまえばセルフケアが出来たり、周りの人たち(家族や友人)にも喜ばれるでしょう。

 

なんだか、簡単に説明する予定がこんなに長文になってしまいました・・・。

最後まで読んで下さった方々、お礼申し上げます。

 

次回のツボのお話は何か症状を一つピックアップしてお届けしようかなぁ~。。。

 

それでは、また!!

肩こり改善法  整骨院

2012.03.19

院長の斉藤です。

肩こりの改善法には様々なものがあります。

筋肉が硬くなると発痛物質がたまり痛みがでてきます。

体に歪みがおこっているのも原因の一つですが

他の原因に栄養不足があります。

 

筋肉、神経の働きに関わる栄養としては

カリウム・マグネシウム・カルシウムがあります。

 丈夫な骨をつくり、筋肉がしっかりと収縮・弛緩し、

適度な運動を継続できるためにこれらの栄養素は必要です。

必要なカリウム、マグネシウム、カルシウムは、

乳製品、豆類、バナナ、緑黄色野菜から摂る事ができます。

 

僕は豆乳を飲んだり豆類を使った料理をよく妻に作ってもらいます。

よかったら参考にしてください!

(参考レシピ:15分で簡単常備菜 大豆入り肉そぼろ

http://allabout.co.jp/gm/gc/7335/

 

マッサージ効果に科学的根拠を発見

2012.03.15

ウォールストリートジャーナルに面白い記事が掲載されていたので紹介します。

マッサージ効果に科学的根拠を発見!

運動後の筋肉の回復はもちろん、免疫力を高めたりストレス軽減にも役立つことが科学的に証明されました。

今まで曖昧な部分が多かったので、こういった研究が積極的に進められているのはとても嬉しいですね。

ストレス社会という言葉を耳にするようになって大分経ちましたが、ほんの10分間のマッサージでも体の中で違いが出てくるそうです。自宅で足の裏やふくらはぎを揉んでみたり、簡単なストレッチを毎日続ける事で体が軽くなりますよ。

当院でも自由診療のリラックスコースや、保険診療に追加して10分延長で筋肉をほぐすこともできるので試してみてはいかがでしょうか。

スタッフブログ開始

2012.03.13

遂に始めます。スタッフブログ!!

 

第一弾は「ちっちゃいおじさん」こと藤田がお届けします。

初めてのブログで何を書いたらいいのやら・・・と悩んでいたら

患者さまから「最近またインフルエンザが流行り始めたらしいよ!」

 

えっ!?なぜ?ようやく下火になってきたのに・・?

 

ということで、早速検索してみました(^_^;)

11月下旬頃からインフルエンザA型が流行り始め、3月頃にはB型が流行り始めるらしいのです。

なるほど、前回の流行はA型で今回はB型ですか・・・全くもって厄介な奴です。

B型はA型に比べて流行の規模は小さいようで、症状はA型とほとんど変わらないですが、

消化器官の症状が強く出ることがあるようです。

特に小さな子供やお年寄りは重症化することもあるらしく、気を付けなくてはなりません。

 

へ~・・・って我が家にも、2歳になる可愛い愛娘がっ・・・

 

実は1月頃にA型を患ったばかりなんですが・・・B型にもなるのか?

 

ありえる話だそうです。1年に二度もあんな辛い娘の顔を見るのかと思うと・・・

 

やはり予防は大切ですね!!自分はならない!強いから!等と根拠のない自信があっても

罹るときは罹るんです。周りに迷惑を掛けないように、普段から手洗い、うがい、部屋の湿度は60~70%を保つ。

予防注射を受ける。当たり前の事ですが、調べてみて改めて実感・・・

 

初めてのブログが重い内容になってしまいました・・・(T_T)/~~~

 

皆様もお気を付けて!!

 

次回は何かツボの話でもしようかな~・・・

アクセス情報

所在地

〒422-8007 静岡市駿河区新川2丁目10-35 新川ビル1F

アクセス

バス静岡駅前3番乗り場 中原池ヶ谷線 新川バス停下車 (所要時間8分)

駐車場

マックスバリューさんと共同の駐車場をご利用ください

休診日

日曜・祝日・木曜午後