脊柱管狭窄症
なぜ?脊柱管狭窄症
こんなにも根本改善し
再発予防できるのか?
このようなお悩み
\ありませんか?/
  • おしりや足に重たい感じがする
  • 体を反ると腰に痛みや足先にかけて痺れる
  • 歩いていると途中で足にかけて重さを感じて休みたくなる
  • 鏡で自分が猫背になっているように見える
  • 座っていてもテーブルに手をつきたくなる
  • 寝るときに上向で寝れない
  • 周りの人の歩くスピードについていけない
  • 病院で薬をもらったが効いているか分からない
  • 整骨院で腰をマッサージしてたがなかなか良くならない
  • 病院でブロック注射をされたが効果がよく分からない
  • 手術をしないと良くならないと言われたが他に改善方法がないか探している
  • 良くならないと諦めかけている
そのお悩み、当院に
すべてお任せください!
脊柱管狭窄症の専門家
責任を持って施術します!
千原せいじさんと久保アナも指導!

吉本芸人COWCOWさんが取材に!

\お客様のお喜びの声

なぜ?当院の施術は
こんなにも脊柱管狭窄症が
改善
されるのか?

他で良くならない理由

当院に来られる方の多くは「病院や整骨院には行ってたけど症状が改善しなかった」と言われる方がほとんどです。なぜ改善しなかったのか?を聞いてみると多くの方は以下のことを言われます。

  • 腰に電気を当てたりマッサージをしていた
  • 病院でもらった痛み止めや骨を強くする薬を飲んでいた
  • 腰にブロック注射をしていた

このようなことを言われていました。

脊柱管狭窄症を改善するために必ずみないといけないポイントがあります。
そこを見逃してしまい薬やマッサージ、手術をしたとしても根本的な改善にはなりません。

脊柱管狭窄症とは背骨と背骨の間が狭くなってしまいその間から出てくる神経を圧迫してしまうことをいいます。
原因は様々ですが「なぜ背骨の間が狭くなったのか?」を考えていかないと何も解決しないのです。

当院では「なぜあなたの脊柱管が狭くなっているか?」を第一に考え原因を改善していきます。

症状は進行性なので早めに施術を開始していくことがあなたの症状を改善する一番の近道になります。

症状についての説明

脊柱管狭窄症は圧迫されている場所から足先にかけてのしびれ、だるさや腰痛といった症状があります。
よく椎間板ヘルニアと比較されることがありますが以下のような代表する症状が一番の違いになります。

間欠性跛行

脊柱管狭窄症の一番の特徴と言ってもいい症状です。
歩いていると休みたくなるような足へのだるさや重さが出現します。
歩く→休む→歩くと繰り返されます。
椎間板ヘルニアにはこの症状はありません。
重症な方の場合は5分程歩くのも辛くなっている方もいます。

歩くのが辛くなると

  • 近所に散歩も行けなくなる
  • 買い物に自分で行けない
  • 友人や家族と一緒に外出できなくなる

といったことを症状のある方は言われます。
骨自体に原因があって脊柱管狭窄症を発症されることは極稀です。

神経には一つ一つどこの感覚や運動を働くといった役割が決まっている中で脊柱管の狭くなっているところと症状が一致していないことも多くあります。
この場合がブロック注射が効かないことが多く出現します。
症状とレントゲンで原因が違うためです。

症状は軽くても放置して置いて改善することは無いので重くなる前に早く施術していきましょう。

原因

脊柱管狭窄症の原因は以下のことで多く発症します。1.背骨への負担
2.過去の圧迫骨折
3.筋肉や靭帯の緊張

この3つが代表する原因になります。
ほとんどの方がこれに当てはまります。

「過去の圧迫骨折」の場合は潰れてしまった骨は元には戻りませんがこれだけが原因で発症する場合は骨折した時点で一緒にしびれまで伴いますので骨折したけどそれから時間が経ってから症状が出現した場合はもともと少し狭くはなっていたところにまた狭くしようとしている別の原因が隠れていることが多くあります。

「背骨への負担」「筋肉や靭帯の緊張」が一緒に起こり時間が経って症状が出現していることがほとんどです。
普段の姿勢や仕事中の動作で背骨や筋肉に負担がかかり結果的に背骨を狭くしてしまっているパターンが多くあります。

なりやすいパターンとしては

・長時間のデスクワーク
・中腰での作業の繰り返し
・猫背姿勢

が挙げられます。

背骨を支える筋肉などに負担が多くかかり背骨を引っ張ってしまい狭くなってしまうこともあるので見逃さないことが大切です。

当院での改善法

当院ではあなたの脊柱管狭窄症の原因がどこにあるのか特定するために様々な検査をしていきます。

・歩き方
・座位姿勢
・立位姿勢
・筋力
・症状の出現する動き
・体のゆがみ

などを見ていきあなたの脊柱管狭窄症の根本原因を特定していきます。

原因を特定したあとは以下のようなことを行い改善を目指していきます。

  1. まず全体の筋肉の緊張を取っていきます。
    脊柱管狭窄症の場合は長期間に渡って全体の筋肉の緊張が出ている場合が多く根本原因にたどり着くのに他の筋肉の緊張が影響を与えてくるので全体的に緊張を取っていきます。
  2. 根本原因となっている筋肉や靭帯の緊張、背骨への直接のアプローチをしていきます。
    そうすることで背骨に負担がかからないようにしていきます。
  3. 施術時間は1時間もありません。
    残り23時間をいかに過ごしていくかで改善するスピードは大きく変わります。
    なので当院ではあなたに合ったセルフケアを伝えさせて頂いてます。

今現在、脊柱管狭窄症で悩まれている方、今通っている整形外科や整骨院での改善方法に納得することができずにいる方、根本的に脊柱管狭窄症を改善したいと本気で望まれる方、今の施術に納得ができずに悩んでいる方は是非一度当院へお越し下さい。

私が力になります。



8月14日までに

\ご予約の方に限り/

「症状改善」整体コース

初回 2,000円

(通常1回 3,500円)

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと2名

※税別表示です

 

他院とはココが違う!

えがおの整骨院が
\選ばれる8つの理由
1.初回、姿勢の分析と最新の検査で原因を特定

初回ご来院された際に、姿勢分析や、最新の検査法を用いて痛み、悩みの原因を分析し、痛みや悩みの原因を特定します。

2.丁寧にわかりやすく状態をご説明します

撮影した姿勢写真や検査結果から、痛み悩みの原因が何なのか、丁寧にわかりやすくご説明させて頂きます。

3.96%以上の方が1回の施術で変化を実感!

えがおの整骨院は痛みの根本治療のスペシャリスト集団として高水準の施術を提供しており、96%以上の方が1回の施術でも変化を実感しております。施術しても変化がなく、原因が特定されない場合は提携する医療機関をご紹介させて頂きます。

4.痛くない施術で安心して施術が受けられます

痛いことをされるのではないかとご不安になられると思いますが、最新の治療を用いており、当院の施術は痛くありませんのでご安心下さい。

5.保育士が在籍しており、無料託児OK!子連れで施術が受けられます

産後のママさんに無料託児を提供しております。骨盤矯正を受けたいが子供がいて通えない方、経験豊富な保育士が在籍しておりますので託児経験がない方でも安心して施術を受けることができます。

6.何院回っても良くならなかった方が多数来院されています。

整形外科や整体院、他の接骨院では解決しなかったという方が多数来院されています。原因を特定せずに間違った治療を受けている方がほとんどです。

7.衛生管理を徹底しています

検温、アルコール消毒や院内除菌、換気を徹底し良い衛生管理を徹底しております。
5月末日まで初回の患者様には自宅で検温してからの来院をお願いしております。

8.女性施術者が在籍

施術を受けたいが、ちょっと男性に触られるのは抵抗が・・という方は遠慮なくお申し受けください。女性施術者が丁寧に施術させて頂きます。



8月14日までに

\ご予約の方に限り/

「症状改善」整体コース

初回 2,000円

(通常1回 3,500円)

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと2名

※税別表示です

 

まだまだあります!
お喜びの声が
信頼の証